ねえ 誰より

性根がジャニオタ

キスマイファンがジャニーズWESTのコンサートに行った話

 

今更だけど「なうぇすと」に参戦した話していい???参戦したの2月だからマジで今更。しかしせっかくなので感想をつらつら述べたい。


ちなみになぜ行くことになったかというと、友達の藤ヶ谷担が気づいたら神ちゃんに堕ちてたから。気づいたら音源・映像めちゃくちゃ集めててFC入ってた。笑う。一方の私は、彼らが関西Jr.の頃ならそこそこ気にかけてたから当時の楽曲は大体知ってるよ~というレベル。しかしデビュー後はちょうど少クラも観なくなってきた時期で、正直ジャニーズWESTというグループに対してはいまいち思い入れも知識もなかった。ぶっちゃけ『ええじゃないか』と『Criminal』と『ズンドコパラダイス』くらいしかちゃんと知ってる曲なかった。「なんやねん、『ジパングおおきに大作戦』て(笑)」「ホルモンみたいなタイトルの曲、副題やばない?狂気(笑)」みたいな。(すいません)


そんなクソにわかを彼女はツアーに誘ってくれた。本当に優しい。女神。そして知識のない私にジャニストの英才教育を仕込んでくれた。セトリの楽曲を貸してくれ、ラキセとパリピポのDVD、過去の少クラを見せてくれ、振り付け講座まで開講してくれた。一週間前から『アカンLOVE〜純情愛やで〜』の猛特訓に耐え、迎えた公演当日。
結論から言うと大満足だったのだが、その辺をすべてダラダラ書くのはしんどいのでここからはランキング形式で感想を述べていく。(唐突)


第3位「楽しい」
いきなりクソみたいな感想。でも語彙ないから許してほしい。とりあえず「楽しい」と感じたポイントを3つ挙げていきます。

まず楽しいポイントその1はセトリ。ほかのコンサートはよく分からないため比較はできないが、曲数多くない?!という体感。アンコールは1回だけで時間としてはそう特別に長くはなかったと思うのだが、とにかく内容がギュッッとつまってる感じで満足感がすごかった。ハイテンションな楽曲が多いのもそう感じる一因かもしれない。ジャニスト初心者としては既存の楽曲をテンポよくやってくれるのは退屈しなくて楽しかった。あと、曲のふり幅がでかい。ガシガシかっこよく踊った後に、あの雰囲気で被り物をするのはズルイ。

楽しいポイント2がまさしくそこのところ。とにかく「面白い」!面白いことをやってちゃんと面白いことに感動した!キスマイも面白いことをたくさんしてくれるが、それが面白いかどうかは(^_^;) その辺も含めてキスマイはキスマイとして好きだが、やはり面白いに越したことはない。関西はすごい。

楽しいポイントその3は振付とC&Rの多さ。これも数的に把握した訳ではないが体感としてはめちゃめちゃ多い。しかも振付が割とガッツリ。ぶっちゃけ疲れた。しかしそれが満足感につながったんだと思う。余談だが、神ちゃん推しの彼女に振付教えてもらっている際、『アカンLOVE』と『エエやんけェ!!』で苦労していたら「『ホルモン』はキス担なら一発だから大丈夫」と言われた。確かに一発で完璧に踊れた。(宮田くんによるヲタ芸で鍛えられたキス担の顔)


第2位「関ジュの『Hair』で絶叫」

Twitterでネタバレ見た。やるって元々分かってた。本家のオタクとしてちょっと厳しい目で見ちゃうかな(笑)とか言ってた。実際(元)二階堂担として『Hair』は殿堂入りの一曲である。人生で1番再生してる曲かもしれない。そんな『Hair』過激派として、他のジャニがやるのを他のジャニのファンの前で観るのを喜べるかどうか……という気持ちで行った。結論から言う引くほど沸いた。イントロで思わず絶叫。周りの関西ファンに若干ビックリされたくらい沸いた。その瞬間、自分は反射的に『Hair』に沸いてしまうオタクであるということが判明した。誰が歌うかに関わらず『Hair』という楽曲は最高で最強なのである。ほぼ裸にまではだけるのはイメージと違ってちょっと笑ってしまったけど、それも含めて勢いがあってよかった。好きな楽曲を違う角度から楽しむ機会を作っていただき感謝しております。私は朝田くんと今江が好きです。


第1位「藤井流星の顔面」

ねぇ!!!!!!藤井流星の顔面やばくない!?!?!?!?

何を今更と思われる方も多いだろう。何故なら彼がイケメンであることは周知の事実。勿論私も分かっていた。「流星イケメンだよね」という会話は人生で既に何度か経験している。しかしここで告白すると、私は藤井流星の顔面がタイプではない。あ、やめて撃たないで。

整ってるのは見たら分かる。ただでもそんなに好きな顔ではない。私はツインでいうと小瀧の顔の方が好きだ。多分顔の形が面長より丸、卵系の人が好きなんだと思う。ちなみに小瀧の顔はマジで好きだ。だから正直みんながもてはやすほど藤井流星の顔面に興味がなかった。

てなわけで藤井流星の顔面を完全に甘く見ていた。それが大きな間違いだった。

ありがたいことに彼女が当ててくれた席はスタンドの真ん中よりやや下辺りで外周のにょい〜んって伸びる台(表現力の敗北)のほぼ目の前、という欲の無いオタクとしては十分な良席だった。コンサート序盤、最初にやってきたメンバーが流星。お立ち台が上ってくるにつれ藤井流星の顔面が近付いてくる。そこで藤井流星の顔面の恐ろしさに気付いてしまった。

は?顔面むっちゃ綺麗無理。

腰が抜けてペンラを振る手が動かなくなった。無理、という言葉以外を忘れたBBAがそこにいた。

だってなんかめっちゃ黒目キラキラだし!?セクシーな口角してるし!?汗でさえダイヤモンドにしか見えないし!?!?

お顔が綺麗すぎる。かつスタイルが良すぎる。何よりオーラがありすぎる。本当に藤井流星のオーラやばくないすか???なんでみんな教えてくれなかったの?

お人形さん系の美麗な迫力とも少し違って、"帝王"的なオーラとも違って。ただそこにあるのはその辺のパリピとは格の違う"イケメンアイドル"の圧倒的オーラ。

髪色とかめちゃくちゃウェイ系に見えるのに全部アイドル。曲に合わせてファンを盛り上げる表情と動きがまさしくアイドル。そこに完璧な顔面とスタイル……これが藤井流星…………恐ろしい男………。

そのあとも藤井流星をめちゃくちゃ見てしまった。実のところ別のメンバーのうちわを持っていたのだが、目がどうしても藤井流星を追ってしまう。『I got the FLOW』も正直やばすぎてチビるかと思ったしちょっとチビった。

というわけで私の初めてのジャニーズWESTコンは完全に藤井流星に敗北して幕を閉じた。友人に感想を問われれば一言目に「藤井流星がやばい」を繰り返し、そしてしばらく『Terrible』と『I got the FLOW』と『PARTY MANIACS』を狂ったように聴きまくる日々が続いた。藤井流星の挑発的な台詞パート、色んな曲にあるけどどれもやばくないすか?今でも週に一度はイヤフォン越しに藤井流星に煽られたくなる。で、「クゥ〜〜〜ッッッ」とかひとりで唸ってしまう。 街中で平静な顔で藤井流星の「OH VERY GOOOOOOOD………」を聴いてるオタクまじで尊敬する。

ていうか藤井流星担すごい。藤井流星にファンサをくれとアピールする力があることがすごい。私はまず生藤井流星の美貌を顔面に浴びても腰を抜かさず立ち続けられるようになるところから始めなければならない。

とはいえ私は結局藤井流星担になった訳でもなく、神格化して崇めるという域までいった訳でもなく、ただ「すごい」「眩しい」という畏怖にも似た感情を持って見守っているだけに落ち着いた。しかし、今回のコンサートであの席に入らなければ恐らく藤井流星の魅力に気付かないまま一生を終えるところだった。この世に生を受けて藤井流星をスルーするなんてことでは勿体無い。連れて行ってくれた彼女には本当に感謝している。

実のところこの記事、藤井流星のやばさを語りたいがために書いたようなものである。それくらい生藤井流星とのエンカウントは強烈な体験だった。勿論他のメンバーも見目麗しく非常に心が潤った。にわかの月並みの感想として、とてもよいグループのとてもよいコンサートでした。

ちなみに今でも1番好きな顔は小瀧です。