ねえ 誰より

性根がジャニオタ

二階堂くんを好きになった話

不穏なタイトルの記事しかないのも如何なものかと思って、幸せな思い出も書き留めておこうと思う。いつの間にか二階堂担になっていた、曖昧なあの頃の気持ちの記憶を振り返ってみる。

 

二階堂くんを好きになったのとキスマイを好きになったのでは、後者が先である。

そもそもキスマイの存在を知ったのは2009年のこと。

2008年『真夜中のシャドーボーイ』のTVパフォーマンスを観て突如Hey! Say! JUMPに堕ちたことで、私は小学生にしてジャニーズ沼の入口に立った。

デビュー組を好きになれば彼らの過去を知りたくなる。彼らのJr.時代の情報を集める。まだ活動を続けているJr.の情報も自然に集まる。バックについている現役のJr.もどんどん覚える。……このような流れで事務所の策略にまんまと乗ったオタクは多いだろうが、私もその1人である。すでに現メンバーで成立しておりオリジナル曲も持っていたおかげで、キスマイを覚えるのはとても早かった。第一印象は「ユニット名読めねぇ……」だった。

とはいえ知ったからといって熱を上げる事はしばらくなく、少クラとドル誌でちらと観る程度。爽やかで若々しいJUMPや優美愛で満足していた小学生の私にはギラギラの彼等は少し怖かった。

しかし、ある冬の日に突然転機が訪れる。知り合いから、キスマイ3rdの同行のお誘いが来たのだ。人生初のコンサートと生ジャニーズに大興奮し参戦が即決まる。

ちなみに当時のキスマイメンバーの印象は

  • 北山くん…顔が1番タイプ!可愛い最年長
  • 千賀くん…顔が濃い。語りラップするダンスがうまいひと。ノリが陽気
  • 宮田くん…アニメオタク。鼻でかいじられキャラ
  • 横尾くん…なんか1番好き♡
  • 藤ヶ谷くん…髪の毛どうなってんの
  • 玉森くん…ごくせんの人。金髪こわい
  • 二階堂くん…特に無し。強いて言うなら怖い。名前がゴツい。

だったので、コンサート中は横尾くんばかり目で追っていた覚えがある。二階堂くんに関してはMCでマカオバンジーの話をしていた記憶しかない。二階堂担になるとはまさか思いもしなかった。

しかも、コンサート後は『SADISTIC LOVE』のパフォーマンスの衝撃を引きずったのと『美咲ナンバーワン!!』の放送もあって、なんだかんだ藤ヶ谷くんに1番ハマった。しかし千賀くんもいいな~横尾くんもいいな~とフラフラしていた。特に担当を名乗ってはいなかったと思う。というかキスマイという存在全体に衝撃を受けていてそれどころではなかった。

彼らからはオトナの魅力と背徳の匂いがした。当時学級委員とかやっちゃうタイプの生真面目優等生だった私にとっては、とてもじゃないが足を踏み入れてはいけない領域に感じられた。彼ら自身は勿論のこと、ファンもキラッキラのお姉様多いし普通にビビっていた。けれども踏み入れてしまった。ズブズブだった。しかもそんな背徳的なグループを好きになってしまう自分に新しい面を発見した気もした。彼らの存在自体はもちろん、彼らを好きでいること自体が刺激的だったのだ。更にズブズブと浸かった。

このようにキスマイという存在自体に中毒性を感じているうちに、気付いたら二階堂担だった。マジで。我ながらビックリである。最初いちばん印象薄かったのに。

正確な時期が思い出せないので、多分明確なキッカケはない。 ただ、デビュー日にキスショで二階堂盤だけちゃっかり手に入れていることから考えると、予約段階の7月頃には既に二階堂くんを推していることに自覚があったんだと思う。少クラの過去映像やJUMP目当てで購入し所有していたドル誌、写真集、滝CHANNELなどを見ているうちに、息をするように自然に二階堂くんを好きになっていた。自然に。

ただ、しなやかなダンスと歌声に惚れた部分は大きいのは自覚がある。インタビュー記事を読んでいるだけでは「ヤンチャな悪ガキ」ポジションであることくらいしか分からなかったが、パフォーマンス映像をしっかり観るようになってめちゃくちゃデキるタイプのひとでは……!?と気付いてしまった。当時は無自覚だが、今振り返ると心の片隅でそっと応援しているJr.にはダンスや曲中の自分の魅せ方が上手い子が多いので、多分二階堂くんに関してもこの点は私の中にかなり刺さったんだと思う。

そして、ワルぶってるのに素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるとこ、格好つけてるのに見せる笑顔が可愛いとこ、大人びようとしているのにヤンチャで寂しがり屋で時にこどもっぽいとこ、どことなく不安定に見えるのに舞台度胸はしっかりあるとこ……。多くの人間はいくつもの側面があって所謂"ギャップ"というものを持っているけど、二階堂くんに関してはそれがわかりやすく私のツボだった。アイドルらしからぬ要素を沢山持ち合わせつつ、幼い頃から染み付いたアイドルという職業を全うする(?)その姿に今でも新鮮なときめきを覚える。

あとやはりキスマイを好きになることに刺激を感じていたのと同じように、二階堂くんを好きになることに刺激を感じたのだと思う。リアルタイムでは観ていないが、気だるげにしていた時代(本人曰く闇の時代)も何となく知っていたので、「あ〜これ絶対学校行事とかで真面目にやるのダセェみたいなタイプだわ~私が嫌いなタイプだわ~」と思っていた。思っていたからこそ、現実では絶対好きにならないような人をアイドルとして好きでいられることに新鮮な気持ちを抱いた。

 

そんなこんなで私は、「デビュー前の二階堂くんの方が好きだった~><とか言うのも歴浅くておこがましいような……でもデビュー後の元気爆発キャラのにかちゃんに惚れたとも言えないような……うーん」と思わず悩むような微妙なタイミングで二階堂担として爆誕した。

多分これからも(ジャニに限らず)続いていくであろうオタク人生の中でも最も重要なターニングポイントのひとつと言えるのが二階堂担になったことだが、こんなふわっとした感じだ。ふわ?というか、じわじわ侵食されたというべきか。だからこそタチが悪い、しつこいくらいに好きという気持ちが消えないのかもしれない。私の人生においてこの先二階堂くん以上に好きになれるアイドルが生まれるのかと思うほど。我ながら気持ち悪いオタクである。

自覚があるから許して